×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アレルギーナビ 〜アレルギー性鼻炎の薬の副作用〜

アレルギーと薬アレルギー性鼻炎の人はご存じだと思います。私たちは常に鼻が詰まっています。息がしにくいのです。「あっ!今日は右の鼻の穴が通りがいい!」「今日は、左の鼻の通りがちょっと悪いな・・・」などと日々一喜一憂しています。その症状を軽減させるために、鼻に薬を注入します。アレルギー性鼻炎の薬です。これって結構きついんですよね。注射器のような構造になっていて、シュッシュッと鼻の穴に霧状に薬を入れるんですけど、入れた
直後は目にしみて涙があふれてきます。慣れてくるとこれが快感になるんですけど、慣れてしまってはダメなんです。ケミカル系の薬は、人体に本来存在しないものです。現代医学では問題なくても長年使うのは私は嫌です。
アレルギー性鼻炎薬の副作用としては、常に持ち歩かないといけないというのがあります。その他の詳しい副作用などは分かりませんが、所持を忘れるとイライラします。
塩水で鼻を洗うなどの漢方的な療法でアレルギー性鼻炎を根本的なことから解決したいですね。

ネット通販と薬事法

薬事法が再び改正されて、ネット通販で購入できる薬の種類が制限されるようになりましたね。ヤフーや楽天などが反対の署名を集めているのを見ると、政府が何か特別な利権のために動いているかのような印象を受けましたが実際のところはどうなんでしょうか。

確かに離島などで薬を手に入れにくい人などにとっては改正されて不都合が起こったことは間違いないでしょう(該当している場合)。ネットで制限される代わりに、大手スーパーなどでプライベートブランドっていうんですか?各社独自の生産網で作られた安い薬が出回るようになりました。これによって、スーパーなどはメリットが大きいでしょうし、薬を売ってる会社なんかはデメリットが出ますよね。

ただ、最近ではドラックストアなんかでも、食品を扱うところが増えていますから、商売の垣根がだんだんと低くなっている感がありますね。末端の一般諸費者にはわからないところで、いろんなことが動いているんでしょうね。

どちらにしても、よりよい日本になってほしいものです。子どもや高齢者にやさしい、ね。

アレルギーナビ 〜薬による眠気〜

アレルギーと薬 多くの薬には効果が大きい反面、アレルギー反応が起こったり副作用があったりします。
副作用としては、一番気になるのが、眠気ですね。身体的にどうしても薬が必要で、かつなんとしても車を運転しなければならない場合などは、眠気の副作用があるような薬は命にかかわります。その薬に眠気を喚起する副作用があるかどうかを確認するのは大切なことです。眠気を引き起こす薬として
「抗ヒスタミン薬」などが有名ですね。成分的には「塩酸ジフェンヒドラミン」を含んでいます。薬を飲む際は、これらの眠気を引き起こす成分が入っているかどうか必ず確認するようにしましょう。薬局などで購入する場合は、薬剤師にしっかりと確認しましょう。
この塩酸ジフェンヒドラミンはアレルギー疾患の治療薬としても使用されるようです。
このように、薬を服用する際は、アレルギーによる発作の心配はないか、副作用によって眠気を喚起しないかなどをよく確認しましょう。最近では携帯電話のサイトでも薬の成分を調べることが可能です。便利な時代になりました。

アレルギーナビ 〜薬の妊娠への影響〜

薬によるアレルギーや副作用は、特別な状況にある人たちにとっても注意を必要とすることです。例えば、妊娠中の薬の摂取は誰にとっても心配なことです。胎児への悪影響を心配するからです。薬に限らず、X線による放射能の影響、タバコや大気汚染による影響など気になることは多岐にわたります。
薬剤による胎児への悪影響の例として、とある催眠剤によって奇形児が生まれる確率に大きくかかわっていることがわかりました。
薬にどのような効果効能があり、どんな成分が含まれていて、いかなる副作用があるかは、素人である私たちには計り知れない問題です。ところで、妊娠中に特に注意が必要な期間があるようです。
妊娠4週から16週の間の期間がもっとも薬剤の影響が心配される時期であるということです。知らずに催奇性のある薬剤を体内に取り入れた場合、胎児にもっとも影響のある機関です。かと言ってそれ以外の期間が安心なわけではありません。妊娠中のすべての機関において薬を摂取するときは、自己の責任において、しっかり調べてからにしましょう。
薬の副作用やアレルギーは、赤ちゃんにとって大きな問題です。

Copyright © 2008 アレルギーナビ 〜薬の副作用の強さ〜